ブログトップ

日々-yori

hibiyori.exblog.jp

納品

今日は立秋だそうです。
こんなに暑いのに、真夏のこの時期に「秋」という言葉は
とても不似合で不思議な感じです。
宮崎の夏はまだ終わらないな。

でも、工房前の畑では夏野菜が少しずつ終わりを迎えています。
確かに秋は近づいているんですね。


先日納品させていただいた家具たち。
お客様のご両親が数十年前から大切に保管されていた屋久杉で
ダイニングテーブルを製作させていただきました。
b0135599_23515692.jpg


b0135599_23533058.jpg

b0135599_23531297.jpg




屋久島では、樹齢1000年以上のものを屋久杉というそうです。
その詰まった木目の美しさは本当に素晴らしく
加えてお客様の想いの重さを感じながらの製作は
とても緊張するものでした。

素材そのものの持つ美しさに助けられ、感動しながらの製作。

完成したテーブルをとても喜んでくださったご主人と、
納品時に不在だった奥様がわざわざお電話くださったこと。
製作で流した汗が私たちの喜びに変わります。

貴重な経験をさせていただけたことに感謝です。
本当にありがとうございました。

b0135599_0361224.jpg

こちらもご両親から受け継がれている欅の一枚板。
リペアしてまたきれいな木目を見せてくれました。

こうして代々に渡って使われていく家具。
10年、50年、100年後。。。
私たちの作る家具もそんな風に年月を積み重ねていってくれたら
これ以上幸せなことはないです。

Tさま。ありがとうございました。


こちらは、ベンチタイプのテレビ台。
b0135599_0421947.jpg

b0135599_0415972.jpg

テレビ台としてだけでなく、ベンチやテーブルとしても
活躍してくれそうです。
Hさま。ありがとうございました。


そうしてこちら。。。
うどん屋さんの釡の蓋を製作させていただきました。
b0135599_0462285.jpg

家具ではない特注品。
これといった個性は必要ないのだけれど
機能と特性とを守りながら。
“職人”としてやりがいのある製作でした。

Nさま。ありがとうございました。


家具だけでなく、このような特注の依頼。
先日は、まな板を削ってくれませんか?というお客様がいらっしゃいました。
申し訳なさそうに持ってこられたまな板。
ご希望に合わせて削られたまな板を見て
嬉しそうに笑って帰られれば、私たちも嬉しい。
すぐに対応できないときもあるかもしれませんが、
そういった要望にもできる限り対応していきたいと思います。

うん。
やっぱりお客さんからもらう笑顔が一番うれしい♪
[PR]
by hibi-yori | 2012-08-07 23:01 | 仕事
<< 納品♪ お知らせ >>