ブログトップ

日々-yori

hibiyori.exblog.jp

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「座」のある暮らし

11月も下旬となり少しずつ冬めいて来たような。。。
でもまだまだ暖かくて、年賀状という文字を見ても
ちょっぴり違和感を感じてしまうこの頃です。
(ちなみに息子は未だに半袖Tシャツ♪見ているほうが寒いです)

工房前の畑では、冬野菜がメキメキと成長中。
ほうれん草をサラダで食べる日が待ち遠しぃ~。
カブのスープも♪

最近は、子供たちと一緒に収穫すると
子供が野菜をパクパク(しかも)「美味しい~」といいながら
率先して食べるようになってきました。
"食育"という言葉をよく耳にする時代ですが
我が家は、単純に私の畑仕事好きが功を奏しているだけ。
レタスをおいしそうにほお張る子供たちをみて
「ほほぉ~これが食育なるものか~」と
感心しています。ラッキー♪

今はとてもデジタルな時代となってしまいましたね。
でも、子供たちには、しっかりとアナログな生活を
知っていて欲しいと思っています。

我が家は基本的に座卓でご飯。
先日、だれかが「子供が正座をしていると怒る」と
言っていたことが忘れられず。。
何故・・・!?
曰く、脚が短くなるから。。。
What???
確かに聞いたことはあります。
最近の子供たちの脚の長さは、ダイニングテーブルでの食事など
椅子の生活が増えてきたからだと。
それはそれ。
だからって正座している子供を怒らんでもいいんでないかい?。。と
私の目は、きっと点になっていたはずです。
下手すればうちの子供たちはテレビ見るときも正座ですよ~


「座」のある暮らし。
私は好きです。
ソファーや椅子もいいけれど
地べたに座るとなんだかホッとします。

b0135599_22284656.jpg

先日納品させていただいた文机。
旦那様の書斎に壁一面を埋めるようなサイズで
製作させていただきました。
b0135599_22325765.jpg

パソコンワークをこなしつつ、別な書類も広げられる。
抽斗のサイズなどもお客様のご要望に応じて製作させていただきました。

文机に向かう旦那様の姿を見ながら育つお子さんたち。
きっと「座」のある暮らしを大切に大きくなっていって
くれるんじゃないかな。。とちょっぴり楽しみな納品となりました。

www.hibi-yori.com
日々-yoriオンラインショップ
[PR]
by hibi-yori | 2010-11-24 22:42 | 仕事

ISSUI KASHIWA

雲の厚い1日となっています。
日光が恋しい。。。足元が冷えます。

先週は七五三のお参りへいってきました。

人事だと思っていたお祝い。
自分の子供たちも無事に元気に
大きくなってくれている喜び。
改めて感じることができました。
千歳飴もいただいて。。。
ずっとずっと元気に永く笑っていてほしいと
願うばかりですね。


さて、先日納品させていただいた家具をご紹介します。
創作和食屋ISSUIさまよりテーブル、椅子等をご注文いただき
製作させていただきました。
一見"和食"とは連想できない雰囲気が
素敵だな~と感心しました。

屋内・屋外用のそれぞれテーブルや椅子を製作したのですが
いろいろな意味でとても勉強にもなりました。
ものづくり。
奥が深く。。。それはそれは深く。
終点はきっと無いんですね。

お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。

b0135599_1543733.jpg

b0135599_15433977.jpg

b0135599_15435627.jpg

b0135599_15441139.jpg

千葉県柏市:柏たなか駅より550m
詳細はこちらからもご覧いただけますよ →☆



七五三のお参りへ行った帰り。
キレイなオレンジ色に染まった空に感動しました。

b0135599_15512619.jpg


www.hibi-yori.com
日々-yoriオンラインショップ
[PR]
by hibi-yori | 2010-11-13 15:54 | 仕事

日々の暮らしから生まれるもの

今年もとうとう11月。
テレビでは年賀状発売のニュースが流れていました。
暑い日々が長かったので、11月といわれても
何だかウソみたいな感覚です。
でも今日の宮崎に吹く風は、これまでの日々とはちょいと変わって
冬の始まりを感じさせる冷たさでしたね。
鍋のおいしい季節~♪
畑で収穫される白菜も春菊も待ち遠しい。

いい季節です。

私事ですが先日ひとつ歳をとりました。
33歳。
ついこの間まで10代だったような気がしますが。。。

とくに昔が懐かしくて仕方ないとも思わず、、、
今ある現実を地味ですが楽しめていることは、すごく有難いことだと思います。
人は人に支えられていると思います。
それはどんな形でも。
結婚して、母親になって数年。
携帯に届くオメデトウのメールも年々減ってきているなぁと気がつき、
それがちょっと寂しく感じる一方で、同じく子育てに奮闘しながら
充実した日々を送っている友人の姿を思うとそれも力になり。
寝起き一発目で「お母さんオメデトウ!!」と目を眠そうに開けて微笑む息子を
ものすご~く愛おしく感じ。
年々、私らしい誕生日を迎えることができてるように思うこのごろです。
週末は、友人の開いてくれる誕生会。
いつまでも続けていきたい集いです♪

b0135599_22251197.jpg


33年の月日。
戻りたいとは思わないけれど、懐かしくは思う。
b0135599_22555295.jpg

11月1日の今日。
姪っ子が幼稚園に通い始めました。
親の仕事の都合で、通っていた保育園をやめて以来、久しぶりの集団生活。
私も昔、通いなれた保育園から幼稚園に転園したことがありました。
4歳半くらいのことだと思います。
その時の寂しい気持ちと不安はすごく覚えていて、
今回の姪っ子の入園は人事とは思えず。。。
(姪っ子は、どうどうと泣きもせずにバスに揺られていったそうですが☆)
たくましい。


そんな昔を懐かしく思うここ数日。
お客様とのお話の中で、取り壊した家から
子供たちの『柱の背比べ』(身長を記した柱)を記念に取ってあるの、ということで
何かに使えないだろうか・・・。
同席のお客様が、「時計にしたら?」と提案されました。

すご~~~~~~~く素敵だなぁと感激。
鳥肌が立つほど♪
それこそ、世界にただ一つの木。
すごく素敵な発想に素直に感動しました。

我が家にも欲しいじゃない!!!と思いながら
これこそ日々の暮らしから生まれてくるものだなぁと断念。
我が家の背比べ。
現在進行中のその柱は、絶対大事に取って置こうと決めました♪
(取れるのかな???)

b0135599_22463815.jpg

*納品を控える文机。
 先日、天板にせっせと鉋をかける様子をみていたら
 足元に落ちていく鉋屑がきれいだなぁと
 見とれました。
 鉋屑1枚1枚。
 この1枚で風合いが変わります。
 そしてたったコンマ1mmでニュアンスが変わっていく。
 思うところのラインが出るまで続きます。
b0135599_22544932.jpg


www.hibi-yori.com
日々-yoriオンラインショップ
[PR]
by hibi-yori | 2010-11-01 23:00 | 日記